【下野市 高砂食堂】脂の甘味でお口が幸せになる絶品とんかつをレビュー。

下野市 高砂食堂 豚肉

今回は下野市にあるとんかつの名店の高砂食堂のレビューです。最近ではとんかつ屋さんのチェーン店が全国に広まっていますが、やはり本職のとんかつ屋さんが作るトンカツは一味も二味もレベルが違います。この高砂食堂は豚肉の旨味が存分に味わえる素晴らしいとんかつですので、ぜひ食べて頂きたい一品です。

高砂食堂のとんかつは豚肉の脂の甘味がハンパない!

高砂食堂は店主が3代も続いている伝統のあるとんかつのお店です。
代々受け継がれた技と現店主の革新の技が相まって、トンカツを美味しくする技術が素晴らしいです。

今回は上ロースかつ定食(1,300円)をご紹介させていただきます。

厚くに切られた豚肉を噛みしめると、グワッと流れ出る脂がとにかく旨いんです。むしろ旨いを通り越して脂が甘いと表現したほうが良いかも知れません。お肉は分厚く切られているのに、全然固くなく柔らかいです。勝手に考察すると、特に高級肉を使用しているわけではなさそうですが、高砂食堂の店主はどんな豚肉でも、最高のトンカツに仕上げることができる魔法を習得していますなー。

高砂食堂 上ロース

写真は玉子丼を別注しています。本来はココに白ごはんがついています。

擬音が多くなりますが、衣がサクッと、脂がジュワッと、お肉がやんわりと。美味しいトンカツはこんな擬音だけで良いのではないでしょうか。美味しいとんかつを欲している方を裏切らないお店です。

高砂食堂 上ロース アップ

高砂食堂のランチ営業時間や場所などの詳細

JR石橋駅の西口を出てから、駅前通りを直進すると国道4号線との交差点にぶつかります。その十字路に高砂食堂はありますので、とても分かりやすいです。また、車で行く場合は店舗の西側に砂利敷きの駐車場があります。

営業時間はランチが11:30~14:30でラストオーダーが14:00、夜の部が17:30~21:00でラストオーダーが20:15になっています。

関連ランキング:とんかつ | 石橋駅

高砂食堂のメニューはこちらです。

高砂食堂の値段帯は非常にリーズナブルです。これだけの味わいのとんかつを食べさせてくれて、ロースかつ定食が800円は安すぎます!定食メニューにはごはんと小鉢、味噌汁、漬物が付いていてこのお値段です。今回注文した玉子丼も550円と非常に安く、甘く仕上げられたトロトロ卵が乗ったごはんは最高のデザートですな!

定食メニュー(ごはん、小鉢、味噌汁、漬物付き)

  • ロースかつ 800円
  • 上ロースかつ 1,300円
  • 海老フライ 1,100円
  • 海老ひれかつ 1,200円
  • ひれかつ(竹・3貫) 1,100円
  • ひれかつ(松・4貫) 1,300円
  • おろしロースかつ 950円
  • おろしヒレかつ 1,200円
  • メンチカツ 800円
  • チキンカツ 800円
  • 唐揚げ 750円
  • カキフライ(冬季のみ) 850円
  • 生姜焼き 850円
  • ボークソテー 1,300円
  • Aセット(ヒレかつとオムレツのセット) 850円
  • Bセット(ハンバーグと目玉焼き) 850円

丼ものメニュー(小鉢、味噌汁、漬物付き)

  • 玉子丼 550円
  • 親子丼 650円
  • カツ丼 700円
  • 上カツ丼 850円
  • 焼肉丼 850円
  • ヒレカツ丼 1,150円
下野市 高砂食堂 メニュー

高砂食堂ではお笑いライブが行われている!

高砂食堂では定期的に「笑い場しもつけ」と名付けられたお笑いライブが行われています。栃木県で活躍中のお笑い芸人「永井塁さん」のご実家がこの高砂食堂なんです。食堂の2階がお笑い小屋に変わり、月に一度のペースでお笑いライブが開催されています。下記記事は笑い場しもつけがこけら落としする時の記事になりますので、よろしければ読んでみて下さい。

高砂食堂のまとめ

改めて申しますと高砂食堂はとんかつの名店です。これだけの美味しいとんかつをこの価格で食べさせてくれるなんて、味の面でもコスパの面でも一級品だと思います。長年地域で愛されている理由が凝縮されたトンカツをぜひ食べてみて下さいね。ほっぺた落ちるとはこの事だと思いますよー。

高砂食堂

住所 栃木県下野市石橋421
営業時間 (ランチの部)11:30~13:30 ラストオーダー14:00
(夜の部)17:30~21:00 ラストオーダー20:15
定休日 不定休
電話番号 0285-53-0122
地図

こちらも読まれています!



下野市 高砂食堂 豚肉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA