矢板市の(仮称)とちぎフットボールセンター候補地の現状を調べてみた。

矢板市の(仮称)とちぎフットボールセンター候補地の石壁の一部が取り壊されていました。
これはいよいよ工事の開始を意味しているのでしょうか!そして、現状の進み具合はどうなんでしょうか!
サッカー愛から調べてみました。

石壁の一部は壊されていますが、工事が始まったという感じはしませんね。

矢板市役所のHPに2017年6月9日付けで下記の通り記載されていました。

「仮称)とちぎフットボールセンター施設整備に係る民間活力導入可能性調査の結果について」

・調査の実施理由
(仮称)とちぎフットボールセンター施設整備にあたり、本市のほかに小山市が選定されたことで、日本サッカー協会からの本県への補助金が満額受け取れなくなりました。加えて栃木県サッカー協会の重大な誤りにより、本市に交付されるtoto(サッカー振興くじ)助成金が大幅に減額されることで、1億500万円の財源不足が生じました。そこで、整備内容の見直しも念頭に、VFM(財政負担の削減効果)に資する民間活力導入を切り口とした詳細な調査を行うこととしました。

・今後の対応
現計画への民間活力の導入効果は、限定的であることが分かりました。 また、新たに構想された4つの整備プランについても、現計画を大幅に上回る予算が必要となります。(本調査は、現計画に代えて、そのいずれかのプランを推進するという意味合いは、当初からありません。) そこで本市としましては、県サッカー協会等に対して更なる支援を要請していくとともに、昨年度末に策定された「矢板市スポーツツーリズム推進アクションプラン」、そして本年度末に策定される「矢板市公共施設等再配置計画」との整合にも留意しながら、引き続き慎重に検討していきます。
引用:2017年6月9日@矢板市役所

要するに手を挙げたけれども予定していたお金が出なくなったから、作れないどうしよう。ってところですね。
今後の対応についても、県サッカー協会などに対して更なる支援を要請と記載してあるので、まだまだ進みそうにもありません。
今後の展開についても楽しみに見ていきたいと思います。

(仮称)とちぎフットボールセンター 矢板市の場所

矢板市の(仮称)とちぎフットボールセンターの候補地は上田内科・整形外科病院から道路を挟んで真向かいのJT倉庫の跡地です。
そして、マツモトキヨシやベイシアが近くにあり、JR矢板駅までも徒歩圏内と好立地ですね!

<MAP>仮称)とちぎフットボールセンター候補地 栃木県矢板市末広町49

こちらも読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA